知らなきゃ損するFX 経験者の話や秘訣をご紹介します

FXと外為取引の関係

FXというのは外国為替証拠金取引のことを言います。
外国為替取引のことを外為取引といったりしますが、通貨と通貨を交換することで利益を得ようとする取引のことを言います。
実際にFX取引を行うということになりますと取引を行いたいFX取引業者に口座を持つ必要があります。
口座を持つことができたのであれば、実際にFX取引を行うには証拠金と言ってあらかじめFX取引業者に入金しないといけないことになります。
FX取引の醍醐味としては証拠金を担保にして、証拠金の何十倍(最高は25倍)もの取引を行うことができるということになります。
要するに、口座に証拠金として20万円を入金したということであれば、10倍のレバレッジを効かせることで20万円の10倍の200万円分の取引を行うことができるということになります。
うまくいけばレバレッジを効かせた分だけ利益を得ることができます。
しかしながら、レバレッジを効かせた分だけ損をするということもあり得ます。
そういう点ではハイリスクハイリターンということが言えます。
FX取引というのは外為取引によって利益を得る行為であるというのはその通りなのですが、具体的に利益を得る手段としては為替差益とスワップポイントの2種類あるということになります。
為替差益とは円と他の通貨の関係でいうと、円高の時に安くなった他の通貨を購入して、円安の時に高くなった他の通貨を売却することで利益を得ることができます。
円高の時でも円安の時でも利益を得ることができます。
スワップポイントとは通貨間の金利差を利用したもので基本的には毎日変動することになります。
金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を購入することで金利差分だけ利益を得ることができます。
FX取引を行う際には実際に取引を行おうとする通貨についてできるだけ知っておいたほうがいいということになります。
何も知らないで取引を行うよりはあらかじめ知ったうえで取引を行うほうが安全に取引を行うことができるということになります。