知らなきゃ損するFX 経験者の話や秘訣をご紹介します

具体的な取引の行い方

まずFX取引を行う時には口座に証拠金を入金する必要があります。
証拠金というのはFX取引を行うためのいわば担保のようなものになります。
FX取引を行うためには取引額に応じて最低限度必要となるような入金額というものがあります。
実際のところは100万円分の取引を行うのに、100万円分の証拠金を入れないといけないということはなく、実際には少額の証拠金を基にして大きな額の取引を行うことができます。
FX取引というのは通貨の売買の注文を出すところから始まります。
注文が完了したら約定ということになります。
取引を終わらせるためには取引の決済を行うことで利益を確定させます。
売買の注文を出したら、ずっとその通貨を持ち続けるか、どこかのタイミングで利益を確定させるのかを選ぶということになります。
ある通貨を購入して適切なところで売却するといったこともできますし、あらかじめその通貨を売却して適切なところで買い戻すといった取引も行うことができます。
言わば、円高ポジションでも円安ポジションでも利益を出すことができるのがFX取引の特徴になります。
売り注文から始めることができるというのがFXの特徴の一つになります。
相場が下落するのではないかという風に予想される場合は売り注文から入って、相場が下がったところで買い注文を出して買い戻せばこちらでも為替差益が期待できるということになります。
円ドル相場を例にすると、これから円高ドル安が期待されるということであればドルを売って、円高になったらドルを買い戻すということを行えばいいわけです。
円安ドル高が期待されるのであればドルを買って、円安になったらドルを売却すればいいということになります。
FX取引というのは通貨ペアを購入/売却することで為替差益や金利差益を狙うということになります。
実際に利益を出すということになりますと、取引を行う通貨ペアの特徴といったものを知る必要があります。